Thank you! キミと三重県 その3 ~ハロ&ジャニ枠から「いま来たばっかり!」まで~

その2の続きです。こんなに書くなんて思っていなかった
完全に自分のための覚書であり、おまけにかわうそは文章を構成するのが下手ですので、読みにくいことこの上ないです。ご了承ください。

※ご注意※
・所謂新規と呼ばれる人間(茶色さんの存在を知ったのが今年6月。グループの存在を知ったのはもっと後)なので、色々わかっていない状態で拝見しています。
 もっと言うと、アイドルさんのコンサートというものが初めてだったので、本当に色々わかっていないです(語彙力…)。
・茶推しなのと、余裕が無かったのとで、ほぼ茶色さんオンリービューでした。
・だいぶ私情が入っております、お許しくださいm(__)m
・お世話になりましたばー。さんについて言及しております(お名前は伏せております)。問題がございましたらご一報ください。

 

 
◆ハロ&ジャニ枠から「いま来たばっかり!」まで

本編中盤でございます。

初恋サイダーからMC2まで

MCの後は信号機組さんが出てきて、初恋サイダー
ぼーのさんの曲ですよね。めちゃくちゃ可愛いですよね。
男性がパフォーマンスするとどうなるのだろうとドキドキしながら見ていたのですが、信号機組さんのフレッシュさと曲調が凄くマッチしていました。


その次はSexy Zone。爽やかで少年っぽさがあって、「あああ、じゃにーずだ!」と思いました笑
赤色さんとじゃにーず曲の相性は最強だな、と感じました。どこを切り取っても、キラッキラしている。流石高校生…。

123とわき愛は、む。の踊ってみた動画から入り、そこから元々の娘。さんのパフォーマンスも凄く好きになった(生田さんが好きです)、かなり思い入れのある曲でした。本家Dance shotが本当に格好いい。
ひょっとしたら、DREAMINGのセトリで一番楽しみにしていた部分かもしれないです。もう、曲がかかった瞬間からテンション跳ね上がっていました
恐らく、む。さんの踊ってみた動画に残されているパフォーマンスは数年前のもの。123なんて、まだ茶色さんはウイッグをお召しになっておられました。その時のダンスも、とても格好いいのに、「今」のパフォーマンスはそれよりも更に迫力が増していて…。ただただ圧倒されていました。
ホールの上の方から見ていたこともあってか、動画では見えない後ろの方の動きもよく見えて、嬉しかったです。123で後ろからぴょんぴょん飛んでくる茶色さんの動きとか。「愛してる」の歌詞のところで後ろに引っ込んでいく茶色さんとか。わき愛の「?」の部分とか。ビンタのところとか(多い)。
そういえば、茶色さん水色さんをビンタする振り付けのところで、水色さんが尻尾を振っているワンちゃんのようにニッコニコしていて、それを迎え撃つ茶色さんもニッコニコしていました。ビンタするのもされるのも、嬉しいの…?と一瞬動揺しましたが、確かに茶色さんからのビンタなら(以下強制終了

ここで2回目のMCが入っていた気がします。橙さん、翡翠さん、赤色さん。
赤色さんのMCの時の空気感がとっても可愛くて、好きだなあと。パフォーマンス中はあんなにギラッギラしているのに、トークになった瞬間ふわっふわしているんですね…。
チェキに気合いが入っている赤色さん。いつもむ。の皆さんに対して思うんですけど、公演ごとにあれだけの落書きするの本当に大変だと思うのです…!
そして、話の流れから、悲しみフォトグラフは「チェキチェキアー」な曲だったことが判明しました。
かわうそはド新規なので推し変とかの概念もよく分かっていないのですが、翡翠さんが「案外見てる」みたいな発言をされていたので、…気を付けなけばいけないのかな?笑


○水色さんソロから「いま来たばっかり!」まで

回替わりソロ曲は水色さん
アスナルのとららい。リリイベで、水色さんのステージ上でのセルフプロデュース力に既に圧倒されていたので、とても期待して見ていたのですが、全く期待を裏切らない水色さん
この方もホールが本当に似合う。一番後ろから見ていたので当然ながらホール全体が見渡せたのですが、水色ペンライトがホールいっぱいに光る中、水色さんがキラキラと歌っているのが素晴らしく絵になっていまして。
正真正銘、本物のアイドルさんなのだなあと実感いたしました。

続いては、黄色さん濃桃さんの「because of you」。
この曲もクロスフェードでしか聴いたことがなかったのですが…このお二人の声ってこんな風に合うんですね!凄く新鮮でした。とっても甘いハーモニー。
振り付けも可愛らしいですよね、二人が背中合わせで、頭をコテン。成人男性だなんて信じません

ここでスタンドマイクを持った4人組が現れて、何かと思ったら…チャンカパーナ翡翠桜色濃桃茶色、という組合せ。
チャンカパーナ弁当さんをひと目見たいと思っていたのですが、まさか三重2部で巡ってくるとは
この曲、マイクスタンドごと抱きしめる振り付けがあるじゃないですか。それが、(多分)茶色さんだけ、胸元で小さく抱きしめているんですね。どんだけぺんぺらぺんな相手なんだろう
いやいや、慎ましやかで、何だかとても茶色さんらしくて、グッときました。あと、帰宅してから書きなぐったメモに「褐色の葡萄」って書いてあったので、多分そこの振り付けが悩ましかったんだと思います。

黄色水色緑色桜色のスキチャン。スマイレージですね、可愛らしい…。
緑色さんって力強いバッキバキのダンスが本当に格好いいお方だと思っていたのですが(勿論その見解は今も全く変わっておりませんが)、このスキチャンを見て、「アイドルアイドルしてる緑さんめっちゃ可愛いやん…!」と覚醒いたしました。緑色さんは、可愛い

全員出てきて、一列に並んで、1人ずつ隣のメンバーの背中に手を回して…「友」でした。最後に手を回されるのが橙さんで。これだけで泣きそう。
実はそれまで、自分の座席の位置と照明の都合で(黄色さんの仰る通り、このホールは元々は照明がしっかりしてない)、ステージ上の皆さまのお顔に影が落ちていることが多く、あまりハッキリとは表情を捉えることが出来なかったのです。この「友」の時に、ステージ全体を明るく照らすタイプの照明演出になって、改めてしっかりとお一人お一人の表情を拝むことができました。
元々嫌でも感動しちゃう曲なのに、皆さんが丁寧に歌い上げていらして、揃ってステップをされていて、その時の表情が優しい笑顔で。しかも、最後の「ららら…」って歌うところで、茶色さんが満開の笑顔で手を振りながら、会場の前の方から後ろに向けて、隅から隅まで客席に目線を向けていらしたんです。あああもう優しいなあ!!泣きそうになるじゃないですか…!!

ここで、橙さんから残り3曲とのアナウンス…が始まった瞬間から、会場全体が「えええええ!!」の嵐!
初めての私も「これが噂の『ええええ』か!」と場の空気を察知し、叫んでみました。楽しい←
負けじと橙さんも、枯れそうな大声で「残り3曲となってしまいましたあああああ!」
緑さん(だったと思う)の「せーの」いま来たばっかりいいいい!!
ほんとさっき来たばっかりだよ!!!早いよ!!!!泣
いや、本当にこの瞬間までがあっという間過ぎたのです。びっくりしました。もう終わっちゃうの?嘘でしょ?って…。
桜色さんが「みんな発声練習してきたんじゃないの?腹式呼吸ができてるんじゃないの?」みたいなことを仰るくらいに、会場の声は凄まじかったです。橙さんも「負けたくなかった」と仰っていました。一緒になって叫んで下さって、嬉しかった。


この続きがまた長そうなので一旦切ります。どこまで書いたら終わるのでしょう