読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうすぐ年が明けるので

年末なので独り言を書きます。msmn。のことというよりはかわうそのことです。
あまりに個人的なので消しちゃうかもですが

 

今年は自分の中で色々なことが大きく変化した一年でした。
4年で大学を卒業して就職する気満々だったのに、どうしてもやりたい勉強ができた気がしなくて、更に2年通うことに(ダブってはないです)。
長かった学生生活、今年が最後の1年。自分の未来が全くもって不透明な時期が長く続き、やること成すこと自分に不向きだと感じて、諸々諦めようかと思った2016年前半。


そこに一筋の光を与えて下さった茶色さんの存在。
クラシックとバンドと子ども用の歌(すごい振れ幅)ばかり触れていたかわうそでしたが、アイドルのファンになりました。
2016年後半は、お陰さまで楽しく心穏やかな日々を過ごすことができました。
今や来年度の道筋も決まり(本当は3月いっぱいまで決まるか決まらないかのはずだった)、相変わらず自分に自信は無いけれど、真摯に人と仕事と学業とに向き合おうと心に誓い、今年の初めの方と比べると段違いに前向きです。


かわうそをここまで前向きにさせて下さったのは、茶色さん、msmn。さん、そして今年出会ったmsmn。ファンの方々だと思っております。
特に、日々お仕事や学業やお家の事をしゃかりきに頑張りながらも、全力でmsmn。を応援されている、そして現場でもSNS上でもとてもあたたかく優しくして下さるお友達(とお呼びしていいですか?)のみなさま。
かわうそはお陰様で2016年本当に幸せでした。感謝してもしきれないです。
ちょっと気が早いのですが、2017年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 


ここから先は。

茶色さんと出会ってから今年の終わりまでをだらだらと月ごとに振り返ります。
月ごとにだいぶ差があります。
個人的な話もいっぱい。
とんでもなく長いので、かわうその個人的な話に興味が無い方はここでブラウザバックを推奨いたします。
(後から編集画面見たら6000字近い数字が記されていたので、読まれる方は覚悟して下さい)

 

 

 

 


【6月】

12日に友達とカラオケ行って(あまりに死にそうな顔してたから誘ってくれたらしい)、「ちょこっとLOVE」を歌ってプッチモニ熱に目覚め、動画サイトで検索してたら見つけた、茶色さん。
そこから何となく茶色さんの存在が気になり、6月中ずっと茶色さんの動画を漁ってました。
丁度実習と非常勤のお仕事とが同時並行で進んでいて、あまりの責任の大きさに体力的にも精神的にもボロボロだったのですが、茶色さんの存在を知れば知るほどに勇気づけられていました。

「この方、十勝からいつも来ていらっしゃったんだ。」
「こんなに強い思いを持って、お仕事と並行して練習や活動を重ねていらっしゃったんだ。」
「更に強い想いを持って、年度はじめに『転職』なさったんだ。」

教育学系を専攻されていたであろうこと、それでも教職に就かれていないことを知り、自分も教育学部に進んだのに教職ではない職を目指し始めたので、勝手に人生の指針にしたいと思うように。
極めつけは、自己紹介フレーズ。
「努力、全力、包容力」
「今日も、笑顔、笑顔」
今、私に足りない物ばかり。
それを言葉にして、ご自身を奮い立たせながら本当に「努力」を重ねていらっしゃる茶色さん。
この2フレーズが、そして茶色さんの存在そのものが、私がその後学業や仕事に向かう上での励みになっていきました。


今思えば、動画でちょっと知っただけなのに入れ込み過ぎですね。当時は(今も?)かなりネットストーカーと化してました。危ない。

ちなみに、恋慕発売が決定したのも、大根弁当ニコ生が開始されたのも、むすたまのニコ動配信が決定したのも、6月末でした。
ド新規の私にとっては情報量が多すぎて嬉しい悲鳴。


【7月】

橙さんの卒業発表。
まだまだ事情がわからなかったけれど、びっくり。まだこの方たちを知ったばかりなのに。
とにかくこれは10人のmsmn。を早く見に行かないと後悔する、という焦りに襲われました。
幸運にも、msmn。は全ツ中。
焦りに焦って全ツ予定を確認。よかった、まだ地元公演は行われてない。
地元公演が発表されたら絶対に行こうと心に決めたのがこの時。
普段何にハマっても基本在宅派の私にとっては、大変珍しい決断でした。

LINE LIVEの放送が始まったのもこの時。茶色さんの露出が次々増えて、しかも大活躍(?)されていて、ひとり喜んでいました。
恋慕のPVではソファーの真ん中に座ってグラス掲げている茶色さんや前列で踊っている茶色さんに感動をおぼえて、何度も何度も繰り返し再生しました。

それと、衝動的にチェキ会参加券を買ってしまいました。
CDが欲しかったのが第一目的ではありましたが、たまたま地元近くの会場のグルショが大根弁当さんだったのも大きかった。
人生の指針に勝手にしちゃった茶色さんと、いつも楽しく美味しい物を紹介して下さって素敵な空気感を創り出している、それなのにご卒業される橙さん。このお二人がこの世に存在することを確かめたかった。
あとは、茶色さんにお手紙を渡したいけどきっかけがないなあと思っていたので、この日に預けられたら、とも思っていました。何かの形で茶色さんに出会えたことへの感謝の気持ちを伝えたかったのです。

…チェキ会のチケット買ってから暫くは死ぬほど後悔しました、緊張しすぎて。


【8月】

突然のtrli。さんメジャーデビュー発表。
突然の茶色さんの年齢発表。
あまりにおじじ扱いを受けているのでもっと年上だと思っていました。全然お若いじゃないですか…
似たような時期に茶色さんが個人情報を晒すブログが上がって、そこの「夢」についての茶色さんのお言葉に感銘を受けました。更に茶色さんが人生の指針になりました。

地元の公演の日程が出たのはいつだったかしら。公演日が仕事と被っていて絶望した思い出。しかもFCに入らないと抽選に参加できないことを知らないまま、チケットの倍率も知らないまま、一般発売勝負に。
フリラでソロ順が決定したらしく地元で茶色さんがソロすることが確定。なのに仕事で見れない…。思い出のホールで茶色さんがソロして下さるという事実だけでも尊いのだと、自分の中で丸く収めました。

中野の日が発表されたのもフリラでしたね。
1/22は1年以上前から抜けられない用事が入ってるんだ…無理だ…無理なんだよ…

恋慕チェキ会。初の現場です。
単身でポートメッセへ。
夜なべしてお手紙も書きました。
中高生ばっかりとかだったらどうしようとか、地味でダサいから浮いたらどうしようとか、こんないい歳してそうな見た目の私を見て橙さん茶さんに引かれないかとか、マナー知らなくて迷惑かけたらどうしようとか、もう本当に不安すぎて吐きそうでした。
最終的には大根弁当さんのお陰で何とか1分間?を過ごして帰ることができました。この世に大根弁当の存在を確認できたのですが、幻覚じゃないか不安だったので、次の部の茶色さんの券を追加で買ってしまいました。
緊張しすぎて恥ずかしすぎて、当時は「もう二度と行くもんか」と思っていました。でも、お二人に「これからも応援しております」って言えたこと、とお手紙を預けられたことは本当に良かった。


【9月】

trli。さんのリリイベが通学定期圏内であったので研究室ちょい抜けして行きました。
写真なんてもう撮るものかと思ったものの、メジャーデビューして大きくなったらもうこんな機会もなくなるかもしれないとふと思い、4ショのために3パターン購入。同じ曲の入ったCD複数枚買うの初めてでした。11月にまだまだ買い増しするなんて思いもよらなかった笑。
黄色信号さんがまさかの故障により不在でしたが、青さん赤さんのオーラを間近で感じられて鳥肌モノだったし、黄色さんも所々であざと可愛らしい一面を見せて下さっていて「このライブお金払わずに見ていいの?」と不安になるほどでした。すっごいすっごい格好良かった。
4ショ取る時、死ぬほど緊張して逃げるように帰ろうとしたのですが、リーダー青さんが「来てくれてほんまありがとうなあ~」って言って下さって、優しいなあ、と涙が出そうになりました。
このライブをきっかけに、本腰を入れてtrli。の3人を応援しようという気持ちが高まりました。

全ツの地元公演あたりの一般発売については、張り付いていて何とか三重2部だけ取れたものの、愛知は当然全滅。
三重2部だけでも何とか行こうと職場に掛け合って30分だけ早退させていただけることに。


【10月】

ド頭から三重公演でした↓

http://p-nuts-paradise.hateblo.jp/entry/2016/10/11/020146

詳しくはこの一連の記事をご参照ください。
この日からmsmn。を追う姿勢がグンと変わりました。
活動して下さっていることへの感謝の気持ちが物凄くて、もっと会いに行きたいと思ったし、もっと茶色さんたちに「ありがとう」と伝えられるうちに直接伝えたいと思うようになりました。
そして、この日に出会って良くしていただいたmsmn。ファンの方々にも、きちんと感謝の気持ちをお伝えしたいと思うようになりました。

そして色々な方のお力を借りて奇跡的に両部とも入れた愛知公演。
ご協力戴いた方々、本当にありがとうございました。
初めての物販、初めてのチェキくじ。
産まれて初めて引いた落書きチェキが、何と「タッチ」のかっちゃん弁当さん。
最後列で見た三重とはまた違うスタンディングライブの景色。
該当地域チェキ会で拝見することが出来た茶色さんのセーラー衣装。
橙さんのあんらっきーぼーい初参加。
素敵な思い出が沢山できました。

愛知については感想書いて記事にして一度上げたのですが、ちょっと思う所あって引っ込めてあります。また気持ちが向いたらアップするかもしれません。

10月末にこっそり「タッチ」チェキを曝した所、予想外の反響があった上に一部の茶推しの先輩方の間で物議を醸したのも思い出深いです。機会があればあの落書きチェキの経緯について茶色さんに伺ってきたいと思います。

何気に10月は自分の誕生月でもありました。干支が二週しました。
いつも10月は忙しくてバタバタと誕生日が過ぎていくのですが、今年は全ての出来事が誕生日プレゼントと言っていいくらい、幸せな10月を過ごすことができたなあと思います。


【11月】

trli。さんデビュー月間。

ダンス動画が上がりました。
「にげはじ」はヒロインの最初の境遇(院出て某資格を取った上での派遣切り)が自分の未来とリンクしていて辛いなと思いつつ、ずっと注目していた作品でした。
まさかドラマと主題歌がこんなに大ヒットすると思ってもみなかったし、茶色さんがクローズアップされる形でこんなに素敵な動画が上がるとも思っていませんでした。とても元気がもらえました。

trli。さんシングル発売日前後は諸々の合間を縫ってあちこちのCD屋さんに行きました。店頭に並んでいるのを見て感動。順位変動にもやきもきしました。こんなにオリコンを気にしたのは初めて。

この頃に来年度の就職先が突然決まります。
これまでの実習やら仕事やらの諸々が報われて評価していただけたみたいで、経験を積ませていただいた関係各位に、諦めない気持ちを下さった茶色さんを初めとするmsmn。関係の皆様に、感謝してもしきれないです。おまけに、茶色さんが以前個人情報を晒すブログで仰っていた「夢」の話が、本当にその通りで。茶色さんはすごいなあ、と改めて思いました。
就職決まった直後に、安堵したのか親知らずが暴発して顔がアンパンマンになりました。

そしてまさかの初遠征(福井)↓

http://p-nuts-paradise.hateblo.jp/entry/2016/11/23/234248

記事にありますが、愛知以降現場行けない予定だったから、本当に全ての奇跡が揃った上での参戦でした。
そこでまさかゼンブの初披露を拝めるとは…。
またいずれ詳しく書きますが、とても幸せにあふれた一日でした。
この日にお会いし方々にもとてもお世話になり、今でも少しずつ交流させて頂いていて、嬉しさを噛みしめています。
「ひもQ」呼びを広めてしまった(??)こと、今ではちょっと反省しております…

trli。さんは何とオリコンウィークリー9位獲得。
そこまで貢献できていないけれど、嬉しかったし、trli。メンバーとmsmn。ファミリーの努力が報われて本当に良かった。


【12月】

今です。
現場に全く行けていないので、TL上の情報を追いながらニヤニヤする日々です。
修論に追われているので少々穏やかではなく、あまりに修論が嫌すぎて来年度の住まいを衝動的に決めに行ったりもしましたが、日々の素敵な茶色さんの供給と今までの素敵な思い出にほくほくしながら、何とか頑張ることができております。
大体修論の思い出なので特に書くことがありませんでした。胃腸風邪には気を付けましょう。。

 

 

以上、大変長くなりましたが、今年を振り返りました。
濃い半年間だったなあ、と思います。


いくつかの現場に行ってみて改めて思うのですが、
先輩ファンの方々にお世話になっていなければ、今頃ここまで茶色さんとmsmn。にお熱になっていなかったかもしれないです。
本当はおひとりおひとりに感謝のお手紙を書き綴りたいくらいなのですが…気持ち悪くなりそうなのでやめておきます。

自分がコミュ症かつビビりなのでこう思うだけかもしれないのですが、

私のような挙動不審な初心者ファンにお声掛けいただくことも、
大切な大切なチェキ券、チケット、手持ちのCD/DVDやチェキをお譲りいただくことも、
代行をお受けしていただくことも、
各地のお土産話やおすそ分け話をいただくことも、

大なり小なり精神的な負担(「えいやっ!」という気持ちや、「うーん、」という気持ち)を伴うものじゃないのかな、と思います。
その負担がある中で私に良くして下さった、と思うと、関わって下さった方、お世話になった方に対して、本当に感謝してもしきれないです。
何度も申しますが、本当に本当にありがとうございました。

私は、何の芸もなく面白味もなく、おしゃべりは得意ではないですし、文章からも解るように地味でだらっとした人間なのですが、
せめて今までお世話になった方やこれから出会う方を不快にさせないような形で、できれば周りの方に快く思っていただけるような形で、msmn。を応援することができたら、と思っております。

 


では修論の第1稿を仕上げに戻ります。誰かこんなの書いてないで修論やれよって叱って下さい。


良いお年をお迎えください。